社会保障協定 日中間で9月1日に発効

 締結国がジワジワと増えている社会保障協定ですが、2018年5月に署名済みの日本・中国間の協定が来月、2019年9月1日から発効となります。既に19か国との協定が発行済みとなっていますが、両国に駐在する人数が多い日中間での協定発効は社会的なインパクトが大きいことが予測されます。

 この協定により駐在期間が5年以内の一時的に相手国に派遣される被用者は,原則として派遣元国の年金制度にのみ加入することとなり、年金保険料の二重払いの問題が解消されます。社会保障協定には、この「社会保険の二重加入の防止」とともに、「年金加入期間の通算」を協定する場合が多いです。しかし、今回の中国や、既に協定が発効している英国・韓国との間では、前者の二重加入防止のみが協定され、後者の年金加入期間の通算は協定されていない点も留意してください。

 今迄に協定が締結・発行している相手国と社会保障協定内容をまとめた表を作成しましたので、参考にしてください。

リンク:社会保障協定 相手国と協定内容の一覧表(2019年8月現在)