外国人留学生向けの奨学金

日本人の学生にはなじみの深い日本学生支援機構(JASSO, Japan Student Services Organization)の一般奨学金は貸与型と給付型があり、前者は約130万人・後者は約2万人の学生が受給している。学生全体の約37%、3人に一人以上の学生が奨学金を得ています。このように日本の学生の生計には不可欠の存在であるJASSOの一般奨学金ですが、外国人留学生が受け取ることはできません。外国籍学生で申請資格があるのは永住者・永住者の家族・日本人の配偶者などに限定されており、新規に入国する留学生には申請資格がありません。

政府系の教育ローン・日本政策金融公庫(JFC, Japan Finance Corporation)の教育一般貸付では、国籍や在留資格に関した申請条件はないものの、ローン申請者(留学生の生計維持者や留学生自身)が日本で安定した収入や生活の基盤があることが融資条件として審査されるので、実質上、外国人留学生がこの教育ローンを受けることは困難であると言われています。

これらの奨学金や教育ローンの主流を使うことはできないものの、一方で外国人留学生を対象とした奨学金が公共・民間を含めて数多く存在します。国内学生向け奨学金やローンと比べると募集人員数などで制約を受けますが、丹念に調べて応募すると道が切り開けると思われます。JASSOがそういった外国人留学生向けの150近くの公共・民間の奨学金や全国の大学が独自に実施する奨学金・授業料減免制度の情報を日本語・英語でまとめており、奨学金や授業料減免の存在や概要を知るのに大変役立つと思われます。

リンク:日本学生支援機構(JASSO) 日本留学奨学金パンプレット

リンク: 日本学生支援機構(JASSO) 大学が独自に実施する奨学金・ 授業料減免制度検索