最低賃金平均3%増額の方針が出されました

 毎年見直される最低賃金ですが、10月の改定で全国平均で約3%増額する方針が中央最低賃金審議会から出されました。今回は東京都や神奈川県で初めて1,000円を超えることになり、注目されています。

 最低賃金制度は外国人材にも等しく適用されます。自分の時間当たりの賃金が最低賃金よりも低い場合には、使用者に相談されると良いと思います。月給制の場合には基本給に手当の一部を加えた所定内給与の単位時間当たりの賃金計算し、最低賃金と比較します。計算する際に除外される手当の詳細は下記の3番目のリンク先を参照してください。

 最低賃金は時間給で定められ、以下の2つの種類があります。両方の最低賃金に該当する場合は、金額が高い方が適用されます。

  • 地域別最低賃金
    • 都道府県毎に定められる (ので全部で47ある)
    • 全ての労働者に適用される
  • 特定最低賃金
    • 特定の産業毎に定められる (投稿時点で233ある)
    • 「基幹的労働者」のみに適用される

リンク: 厚労省 最低賃金制度の概要
リンク: 厚労省 最低賃金(改定前の現在の金額)
リンク: 厚労省 最低賃金の対象となる賃金