日・スウェーデン社会保障協定の署名

2019年4月11日に署名が行われました。この後、国会での承認を経て協定が締結され発効します。この協定により、両国間で5年以内の短期間で派遣される企業駐在員等が両国の年金制度に二重に加入することが避けられます。この協定は,ドイツ,英国,韓国,米国,ベルギー,フランス,カナダ,オーストラリア,オランダ,チェコ,スペイン,イタリア,アイルランド,ブラジル,スイス,インド,ハンガリー,ルクセンブルク,フィリピン,スロバキア,中国に次いで,我が国が署名する22番目の社会保障協定となります。世界の国の数、196か国、と比べるとすべての国と同様な協定を結ぶにはまだまだ先が長いですが、貿易相手国としての主要な国はかなり出そろってきた印象を受けます。ご参考まで。

厚労省サイト 外務省サイト